活動アルバム

平成30年度 熊本県身体障がい者団役員・相談員および行政担当者合同研修会

■開催日 平成31年2月26日(火)
■会 場 熊本県庁 地下大会議室
■主 催 熊本県
■主 管 社会福祉法人熊本県身体障害者福祉団体連合会
     熊本県身体障がい者相談員協議会
研修会の様子
研修会の様子

熊本県内の身体障がい者相談員として活躍している人が、相談業務の内容・手法を取得するとともに、日常的相談援助活動のためネットワークを形成するなど、地域で生活している障がいのある人を支援し、相談対応能力の向上と相談員間の連携、また各市町村身体障がい者団体・障がい別団体役員、市町村行政担当者との連携を図ることを目的とし開催しました。

まず、県障がい者支援課・企画調整班の太田竜参事より「第5期熊本県障がい者計画の中間見直しについて」の講義がありました。

熊本県では、平成27年3月に策定した「第5期熊本県障がい者計画」について平成29年度に中間見直しを行いました。中間見直しでは、平成28年熊本地震等を踏まえた「安心・安全施策」の充実、また相模原事件を踏まえ、障がい者施設における防犯対策、職場の環境づくりへの対応の他に、県民に対する心のバリアフリーの推進や行政機関における合理的配慮の推進等が施策に追加されています。

次に、熊本県環境生活部県民生活局消費生活課企画推進班の本田尚教参事より「消費者被害のための見守り活動について」の講義がありました。

県では、消費者被害にあいやすい高齢の人や障がいのある人の見守り活動等に必要な取組について、情報交換、協議を行うことにより、消費者被害の未然防止と早期救済を図るため「熊本県高齢者等消費者被害見守りネットワーク連絡協議会」が2月に設立されました。

講義では、この協議会の今後の活動計画と県消費生活センターに寄せられた具体的な相談事例について説明があり、被害に合いやすい、高齢の人や障がいのある人は、地域に密着して活動している障がい者相談員や民生員が見守りを続け、不審なことがあったら消費生活センターなど専門の相談機関へつなぐことが必要だということを再認識しました。

最後に成年後見センター・リーガルサポート熊本支部司法書士の竹原久美子氏から「成年後見制度について」の講義があり、制度について専門家の立場から、その種類、申し立ての方法、後見人の役割など具体的にわかりやすく説明がありました。

Photo Gallery

講師 太田竜参事
講師 太田竜参事
講師 本田尚教参事
講師 本田尚教参事
講師 竹原久美子氏
講師 竹原久美子氏

平成30年度くまもとハートウィーク「くまもと障がい者芸術展」

■開催期間 平成30年11月3日(火)〜11月25日(日)
■会  場 熊本県立美術館分館
■主  催 くまもとハートウィーク実行委員会
■企画運営 社会福祉法人熊本県身体障害者福祉団体連合会

県と当連合会を含む障がい者団体で構成される「ハートウィーク実行委員会」の主催のもと県立美術館分館において開催されました。

文芸部門、美術部門合わせて7部門に県内の障がいのある人から今年も多くの出品がありました。部門毎の内訳は、下記の表のとおりです。期間中の来場者は、延べ3,615名でした。

なお、ハートウィーク実行委員会委員の選考と、ご観覧いただいた方から「心に残った作品」として多くの支持を受けた作品の作者の方へくまもとハートウィーク実行委員会より記念品が贈られました。

表彰を受けた作品の中から募集要項にあった作品を来年度開催の第19回全国障害者芸術・文化祭(にいがた大会)へ出品の予定です。

■出品数内訳
文芸部門 俳句・詩・短歌・川柳・絵手紙・絵本 38
書道 69
美術部門 工芸  (陶芸・彫刻・竹細工・粘土細工・段ボール工作 等) 67
手芸 (編み物・織り・ビーズアクセサリー 等) 64
写真
絵画(1)(水彩・油絵・版画・色鉛筆) 121
絵画(2)(切り絵・ちぎり絵・CGアート・イラスト・クレヨン 刺繍画・ビーズ画) 131
合 計 499

■心に残った作品入賞作品 ※敬称略
俳句・詩・短歌・川柳・絵手紙 ・絵本 合志市 富窪 里佳(とみくぼ りか) みょうが
書道 玉名市 川原 円海(かわはら えんかい)
  菊池市 佐藤 泰子(さとう やすこ) 秋風
手芸 玉名市 古庄 キヌ子(ふるしょう きぬこ) 洋服
  玉名市 清田 純子(きよた じゅんこ) 桜色のセーター
工芸 山鹿市 小川 ハツコ(おがわ はつこ) 走れ
  葦北郡 田代 信也(たしろ しんや) 笑顔
写真 玉名郡 碇  敬(いかり たかし) 不知火海の花火
絵画(1) 山鹿市 原山 陽祐(はらやま ようすけ) 木漏れ日微笑んで
  玉名市 江藤 正人(えとうまさと) 喜びの瞬間
  熊本市 前田 雄大(まえだ ゆうだい) ツリーハウス
絵画(2) 葦北郡 みつば学園ペーバークラフト班 肥薩オレンジ鉄道
  合志市 一法師 研二(いっぽうし けんじ) 有明海の奇跡
  熊本市 古田 㮈姫(ふるた なつき) まいと悟空
  葦北郡 宮村 光(みやむら ひかる) うたせ船

Photo Gallery

富窪里佳「みょうが」
富窪里佳「みょうが」
川原円海「愛」
川原円海「愛」
佐藤泰子「秋風」
佐藤泰子「秋風」
古荘キヌ子「洋服」
古荘キヌ子「洋服」
清田純子「桜色のセーター」
清田純子「桜色のセーター」
小川ハツヨ「走れ」
小川ハツヨ「走れ」
田代信也「笑顔」
田代信也「笑顔」
碇 敬「不知火海の花火」
碇 敬「不知火海の花火」
原山陽祐「木漏れ日、微笑んで」
原山陽祐「木漏れ日、微笑んで」
江藤正人「喜びの瞬間」
江藤正人「喜びの瞬間」
前田雄大「ツリーハウス」
前田雄大「ツリーハウス」
みつば学園ペーバークラフト班「おれんじ鉄道」
みつば学園ペーバークラフト班「おれんじ鉄道」
一法師研二「有明海の奇跡」
一法師研二「有明海の奇跡」
古田㮈姫「まいと悟空」
古田㮈姫「まいと悟空」

平成30年度第34回熊本県身体障がい者歌謡祭

■開催日 平成30年12月5日(水)
■会 場 熊本市植木文化ホール(熊本市北区植木町)
■主 催 社会福祉法人熊本県身体障害者福祉団体連合会
■協 力 熊本市北区植木町身体障害者福祉協会
会場の様子
会場の様子

過去3年間に入賞経験のないことが出場資格のため主に新人向けの第1部に16名、過去の入賞経験を問わないため主にベテラン向けの第2部に16名出場。皆さんきらびやかな衣装や歌に合わせた衣装で、日ごろの練習の成果を披露されました。

審査中は、アトラクションとして、和太鼓オリジナルパフォーマンス集団「肥ノ國太鼓衆真紅舞」(ひのくにたいこしゅうまぐま)による和太鼓演奏。TMAミュージック専属の白川ちすみさんによる歌の披露。続いて昨年度最優秀賞受賞の玉名市の松本正廣さん(第1部)さん、上益城郡山都町の甲斐真理子さん(第2部)に歌を披露していただきました。

審査結果は次のとおりです。

【第1部入賞者】
■最優秀賞
上野 スミ子(大津町身体障害者福祉会)
■熊本県知事賞
寶口 富雄(宇城市身体障害者福祉協会)
■NHK熊本放送局賞
松本 和子(上益城郡身体障害者福祉連絡協議会)
■テレビ熊本賞
茂越 なぎさ(天草市身体障害者福祉協会)
■熊本朝日放送賞
吉岡 眞百美(美里町身体障害者福祉協会)
■熊本日日新聞賞
久野 イツ子(阿蘇郡身体障害者福祉協会連合会)

【第2部入賞者】
■最優秀賞
西村 コ光(美里町身体障害者連絡協会)
■熊本県議会議長賞
興梠木 美代子(玉名郡身体障害者福祉協議会)
■くまもと県民テレビ賞
新野  征(宇城市身体障害者福祉協会)
■熊本放送賞
鬼海 節子(天草市身体障害者福祉協会)
■熊本県障害者スポーツ・文化協会賞
佐藤 禎一(菊陽町身体障がい者福祉協会)

※敬称略

Photo Gallery

第1部最優秀賞 上野スミ子さん
第1部最優秀賞 上野スミ子さん
第2部最優秀賞 西村徳光さん
第2部最優秀賞 西村徳光さん
肥ノ國太鼓衆真紅舞による太鼓演奏
肥ノ國太鼓衆真紅舞による太鼓演奏
審査員と出場者の皆さん
審査員と出場者の皆さん

平成30年度 第20回熊本県障がい者パチンコ大会

■開催日 平成30年12月7日(金)
■会 場 PA−OH(パオー)麻生田店(熊本市北区麻生田)
■主 催 社会福祉法人熊本県身体障害者福祉団体連合会
■協 力 エフ・シー株式会社
パチンコ大会競技の様子
パチンコ大会競技の様子

外出の機会の少ない障がいのある人の楽しみと社会参加推進を願い、熊本県身体障害者福祉団体連合会加盟団体会員を対象にパチンコを通して、親睦を図ることを目的とした障がい者パチンコ大会をエフ・シー株式会社様のご協力と多くの企業様の協賛をいただき開催しました。

今年から各市郡身障団体および障がい別団体からの申込枠を5チーム以内とし、30チーム150名の参加がありました。競技は5人1組になり、競技時間内の大当たりの回数で競い合います。

団体優勝、準優勝、第3位、個人にも豪華賞品が贈られました。さらに参加者全員に参加賞をいただきました。

総合司会は、歌謡祭でお馴染みの米崎勲&ミートボールコンビが競技を盛り上げ、集計の時間を利用し、肥後ドッコイショーが開催されました。

個人の優勝の川端さん(合志市)は、「初めてのパチンコで右も左も分からず参加したのに思いかけず優勝できて楽しかった。」と喜んでいらっしゃいました。

Photo Gallery

パチンコを楽しむ参加者のみなさん
パチンコを楽しむ参加者のみなさん
司会のミートボールさんも教えてくれました
司会のミートボールさんも教えてくれました
司会の肥後ドッコイ(米崎勲さん・ミートボールさん)
司会の肥後ドッコイ(米崎勲さん・ミートボールさん)
今年も多くの企業様から協賛をいただきました
今年も多くの企業様から協賛をいただきました
表彰式
表彰式
%ipath:7::210% %ipath:8::210% %ipath:9::210% %ipath:10::210%

平成30年度 第49回九州身体障害者福祉大会 第26回九州ブロック身体障害者相談員研修会 福岡市大会

■開催日 平成30年11月15日(木)・16日(金)
■会 場 ヒルトン福岡シーホーク(福岡県福岡市)
■主 催 九州身体障害者団体連絡協議会
     社会福祉法人日本身体障害者団体連合会
■主 管 社会福祉法人福岡市身体障害者福祉協会
     福岡市身体障がい者相談員協議会
大会式典
大会式典

九州各県政令指定都市からのべ1230名、熊本県からは33名が参加し、ヒルトン福岡シーホークにおいて九州身体障害者福祉大会と九州ブロック身体障害者相談員研修会が合同開催されました。

15日は、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局安達佳弘企画官から「2020東京パラリンピックを契機とした共生社会の実現に向けた取組〜心のバリアフリーを中心に〜」のテーマで行政説明がありました。
その後、3つの会場に分かれ、第1研究部会「災害時に備えた組織強化と果たす役割について」、第2研究部会「ユニバーサルデザイン2020行動計画の推進について」、第3研究部会(相談員研修会)「障害者相談員の資質向上と制度の必要性について」をテーマに研究部会が開催されました。

第2研究部会には、竹田常務理事がパネリストとして、岡部会長が助言者として参加しました。竹田常務から、現在熊本県では、やさしいまちづくりの推進をしている。熊本市中心部の桜町再開発、熊本駅周辺の整備計画、熊本城復旧工事、熊本市民病院の移設工事などがあり、計画段階から障がい当事者を対象に説明会や意見交換会を行っているが、その内容は、誰もが移動しやすく生活しやすいという行動計画にあるユニバーサルデザインの街づくりの理念にはほど遠い気がする。障がい当事者が自分たちの目線で困ったことをアピールし続けることが、ユニバーサルデザインの街づくりの理念を社会へ知ってもらうためには必要であると発表がありました。

16日の福祉大会第一部の式典では九州身体障害者団体連絡協議会会長表彰があり、熊本県から2名の方が受賞されました。

【特別表彰】
熊本県身体障害者福祉団体連合会 理事
阿蘇市身体障害者福祉協会 会長
後藤 和行 氏

【組織活動功労表彰】
熊本県身体障害者福祉団体連合会 理事
球磨郡身体障害者福祉協議会連合会 会長
那須 利広 氏

第二部は、「バリアバリュー〜障害を価値に変える〜」と題し、株式会社ミライロ代表取締役社長垣内俊哉さんの講演がありました。

第三部の議事では、前日行われた各研究部会の報告があり、大会宣言採択および大会議決が採択され閉幕しました。 来年度の大会は、2019年11月14日(木)・15日(金)佐賀市文化会館で開催されます。

Photo Gallery

行政説明 安達佳弘企画官
行政説明 安達佳弘企画官
第2研究部会 パネラーの竹田常務理事
第2研究部会 パネラーの竹田常務理事
各研究部会では会場からの質問も受け付けられた
各研究部会では会場からの質問も受け付けられた
【特別表彰】後藤和行氏
【特別表彰】後藤和行氏
【組織活動功労表彰】那須利広氏
【組織活動功労表彰】那須利広氏
講演 (株)ミライロ代表取締役社長垣内俊哉氏
講演 (株)ミライロ代表取締役社長垣内俊哉氏

平成30年度 第12回九州身体障害者グラウンド・ゴルフ大会 沖縄大会

■開催日 平成30年11月1日(木)・2日(金)
■会 場 ぎのわん海浜公園 多目的広場(沖縄県宜野湾市)
■主 催 九州身体障害者団体連絡協議会
■主 管 社会福祉法人沖縄県身体障害者福祉協会
■派遣チーム 阿蘇市Cチーム
       菊池郡菊陽町チーム
       宇城市チーム
開会式
開会式

【試合結果】
−団体戦−
優勝 隼人姫城チーム(鹿児島県)
準優勝 阿蘇市Cチーム(熊本県)
第3位 筑紫野市チーム(福岡県)


−個人戦−
優 勝 杵築市山香支部チーム(大分県) 渡辺 利治
準優勝 福岡市肢体協会チーム(福岡市) 斉藤 秀一
第3位 隼人姫城チーム(鹿児島県) 福重 ユキエ
第4位 隼人姫城チーム(鹿児島県) 政 季徳
第5位 阿蘇市チーム(熊本県) 松野 勉
第6位 都農町チーム(宮崎県) 黒木 邦博
第7位 阿蘇市チーム(熊本県) 後藤 和行
第8位 菊池郡菊陽町チーム(熊本県) 生山 幸朗

Photo Gallery

阿蘇市Cチーム
阿蘇市Cチーム
宇城市チーム
宇城市チーム
菊池郡菊陽町チーム
菊池郡菊陽町チーム
準優勝 阿蘇市Cチーム
準優勝 阿蘇市Cチーム

平成30年度 第3回くまもと障がい者ペタンク大会

■開催日 平成30年10月26日(金)
■会 場 熊本県民総合運動公園 スポーツ広場
■主 催 社会福祉法人熊本県身体障害者福祉団体連合会
     熊本県障がい者社会参加推進センター
開会式
開会式

今年も熊本県民総合運動公園 スポーツ広場で開催しました。大会当日は、57チーム、208名の参加がありました。

ペタンクとは、ビュット(目標球)に金属製のブール(重いボール)を投げ合って、相手より近づけることで得点を競うスポーツです。 当日は、朝から晴れていましたがだんだんと雲が広がり今にも雨が降り出しそうな天候になりましたが、競技中は何とか降り出さず大会を無事に終えることが出来ました。

この大会の開催にあたっては、熊本県ペタンク連盟、熊本機能病院の看護師、熊本県社会福祉事業団職員の方々のご協力をいただきました。

またJA共済連熊本様には、障がい者スポーツ振興のため、ゲートボール大会、グラウンド・ゴルフ大会に続きこの大会の開催にもご支援いただきました。

入賞チームは次のとおりです。

【試合結果】
優勝:玉名郡長洲町Aチーム
準優勝:葦北郡Dチーム
第3位:菊池市Bチーム
第4位:阿蘇市Aチーム
第4位:城南町(熊本市南区)Aチーム
第6位:玉名市天水支部チーム
第7位:玉名郡和水町Aチーム
第8位:阿蘇郡高森町Cチーム

Photo Gallery

競技の前にペタンクミニ講習会
競技の前にペタンクミニ講習会
大会中の様子
大会中の様子
ビュットめがけて投球
ビュットめがけて投球
ビュットに近いのはどっち?
ビュットに近いのはどっち?
JA共催様の協賛をいただきました
JA共催様の協賛をいただきました
表彰式 優勝長洲町チーム
表彰式 優勝長洲町チーム

平成30年度 第33回九州身体障害者ゲートボール大会 佐賀大会

■開催日   平成30年10月11日(木)・12日(金)
■会 場   江北町全天候スポーツ広場(佐賀県杵島郡江北町)
■主 催   九州身体障害者団体連絡協議会
■主 管   一般社団法人佐賀県身体障害者団体連合会
■派遣チーム 上益城郡山都町チーム
       上天草市チーム
       熊本県肢体障害者福祉協会チーム
大会会場 江北町全天候スポーツ広場
大会会場 江北町全天候スポーツ広場

【試合結果】

チャンピオン戦
優勝 大分県 国東安岐チーム
準優勝 長崎県 川棚町福祉会チーム
第3位 鹿児島県 西之表Aチーム
第3位 鹿児島県 種子島中種子チーム

親善試合
優勝 佐賀県 小城市チーム
準優勝 佐賀県 武雄市チーム
第3位 大分県 三重町身障福祉会チーム
第3位 宮崎県 都城チーム

※2019年度第34回大会は熊本県で開催されます。

Photo Gallery

上益城郡山都町チーム
上益城郡山都町チーム
上天草市チーム
上天草市チーム
県肢体障害者福祉協会チーム
県肢体障害者福祉協会チーム

平成30年度熊本県身体障がい者相談員ブロック別研修会

■開催日・会場
 7月23日(月) 中央・城北ブロック 熊本県総合福祉センター
 7月25日(水) 城南ブロック    熊本県八代地域振興局
■主 催 熊本県
■主 管 社会福祉法人熊本県身体障害者福祉団体連合会
     熊本県身体障がい者相談員協議会
中央・城北ブロック研修会の様子
中央・城北ブロック研修会の様子

相談対応能力の向上と相談員間の連携を図ることを目的として、身体障がい者相談員や関係者を対象として県下2会場で開催しました。

熊本県障がい者支援課より身体障がい者相談員についての説明の後、障害のある人もない人も共に生きる熊本づくり条例(熊本条例)および障害者差別解消法(解消法)についての講義がありました。

その中で、不当な差別的取扱い(不利益取扱い)は、解消法でも熊本県条例でも“禁止”であるが合理的配慮の提供において解消法では民間事業者に対し“努力義務”としているが、熊本県条例では“義務”でありより強い規定となっているとお話がありました。

続いて、障がい等で支援や配慮を必要としている方がそのことを周囲の人に知らせるための「ヘルプカード」についても説明がありました。

最後に、熊本県条例に寄せられた相談事例や実施状況について広域専門相談員から説明の後、相談事例や講義内容への質問や日頃の相談支援を行う上での疑問や感じたことなど参加者との意見交換を行いました。

※ 「ヘルプカード」について詳しくは以下のサイトをご覧下さい。
http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_20616.html

Photo Gallery

城南ブロック研修会の様子
城南ブロック研修会の様子
「身体障がい者相談員について」 県障がい者支援課 野村玲奈主事 
「身体障がい者相談員について」 県障がい者支援課 野村玲奈主事 
「熊本県条例および解消法について」 県障がい者支援課 太田竜参事
「熊本県条例および解消法について」 県障がい者支援課 太田竜参事
「ヘルプカードについて」 県障がい者支援課 太田竜参事
「ヘルプカードについて」 県障がい者支援課 太田竜参事
 「熊本県条例によせられた相談事例について」 県障がい者支援課 児玉秀幸広域専門相談員
「熊本県条例によせられた相談事例について」 県障がい者支援課 児玉秀幸広域専門相談員
意見交換 県から回答 障がい者支援課 工藤香奈主幹
意見交換 県から回答 障がい者支援課 工藤香奈主幹

平成30年度第15回熊本県障がい者グラウンド・ゴルフ大会

■開催日   平成30年6月2日(土)
■会 場   阿蘇市農村公園あぴか(阿蘇市黒川)
■主 催   社会福祉法人熊本県身体障害者福祉団体連合会
       熊本県障がい者社会参加推進センター
開会式でのクラブ体操
開会式でのクラブ体操

阿蘇市農村公園あぴかを初めて会場としてグラウンド・ゴルフ大会を開催しました。本来は平成28年度にあぴかで開催予定でしたが、熊本地震の影響で会場までの道路が不通となり、やむを得ずあぴかでの開催を中止にしたため、震災から2年あまりがたち、やっと実現することが出来ました。

この大会の開催にあたっては、阿蘇市、阿蘇市社会福祉協議会、阿蘇市グラウンド・ゴルフ協会阿蘇支部、阿蘇市身体障害者福祉協会の方々に開催の数ヶ月前から取りかかった準備段階から全面的にご協力いただきました。

競技参加者は、48チーム、個人参加を含めると318名。応援者、関係者(ボランティア)含めると総勢約400名が大会会場に集合しました。
当日は梅雨の晴れ間で気温の上がる中、選手の皆さんは日頃の練習の成果を発揮し、ホールインワンも続出し、熱戦が繰り広げられました。
JA共済連熊本様には、障がい者スポーツ振興のためゲートボール大会に引き続き、この大会の開催にご協賛いただきました。

【試合結果】
【団体戦】
優勝 阿蘇市Cチーム
準優勝 菊池郡菊陽町チーム
第3位 宇城市Aチーム
第4位 上益城郡御船町チーム
第5位 葦北郡Bチーム
第6位 宇城市Bチーム

【個人戦】
優勝 森 邦宏(合志市C)
準優勝 田川 義和(宇城市C)
第3位 今村 萬(菊池郡菊陽町)
第4位 杉本 貞光(宇城市A)
第5位 桐原 ミヤ子(阿蘇郡高森町・個人)
第6位 蔵原 忠憲(阿蘇市C)
第7位 後藤 和行(阿蘇市C)
第8位 塩井 素行(菊池郡菊陽町)
第9位 吉川 喜美子(上益城郡御船町)
第10位 宮崎 藤男(阿蘇市C)

Photo Gallery

競技の模様
競技の模様
競技の模様
競技の模様
競技の模様
競技の模様
競技の模様
競技の模様
団体戦優勝 阿蘇市Cチーム
団体戦優勝 阿蘇市Cチーム
団体戦準優勝 菊池郡菊陽町チーム
団体戦準優勝 菊池郡菊陽町チーム
団体戦第3位 宇城市Aチーム
団体戦第3位 宇城市Aチーム
個人戦優勝 森邦宏さん(合志市Cチーム)
個人戦優勝 森邦宏さん(合志市Cチーム)
JA共済連熊本様にご協賛いただきました
JA共済連熊本様にご協賛いただきました