1. トップページ
  2. 2019年度 熊本県身体障がい者相談員ブロック別研修会
  1. トップページ
  2. 活動アルバム
  3. 2019年度 熊本県身体障がい者相談員ブロック別研修会
  1. トップページ
  2. 活動アルバム
  3. 研修事業アルバム
  4. 2019年度 熊本県身体障がい者相談員ブロック別研修会

2019年度 熊本県身体障がい者相談員ブロック別研修会

■開催日・会場
 2019年7月24日(水) 城南ブロック    熊本県八代地域振興局
 2019年8月  5日(月) 中央・城北ブロック 熊本県総合福祉センター
■主 催 熊本県
■主 管 社会福祉法人熊本県身体障害者福祉団体連合会
     熊本県身体障がい者相談員協議会
城南ブロック研修会の様子
城南ブロック研修会の様子

相談対応能力の向上と相談員間の連携を図ることを目的として、身体障がい者相談員や関係者を対象として県下2会場で開催しました。

熊本県障がい者支援課社会参加班からの「身体障がい者相談員について」の講義に続いて、「障害のある人もない人も共に生きる熊本づくり条例および障害者差別解消法について」障がい者支援課企画共生班から熊本県条例に基づいての講義がありました。相談を受けた時に不当な差別や合理的配慮に関する相談内容であった時は、広域専門相談員へ連絡してくださいとのことでした。

その後、「旧優性保護法について」熊本県旧優生保護法一時金受付・相談窓口から法が施行された経緯と対象となる方、また申請方法について説明があり、対象となる方から相談を受けた場合の相談窓口のご案内(※)がありました。

最後に「障害のある人もない人も共に生きる熊本づくり条例に寄せられた相談事例について」広域専門相談員より実施状況の説明や相談事例を基に意見交換があり、講義内容についての質問や相談業務をするうえでの疑問や感じたことなど相談員より意見がありました。
会場から、今は条例や法律が施行され、少しずつ障がいのある人への不当な差別的取扱いは減ってきているが、自分自身も10代の頃に不当な取扱いを受け大変傷ついたことがあった。
条例や法律では、「合理的配慮」という言葉を使うが、結局は相手への気遣いや思いやりが必要ということだと思う。子どもの頃からの教育も重要となる。国や県においては、障がいへの理解が進むようにさらに努めていただきたいとお願いすると同時に、このことに対する私たち障がい当事者や相談員の役割も大きいと思う。という意見がありました。

※「熊本県旧優生保護法一時金受付・相談窓口」について詳しくは以下のサイトをご覧下さい。 http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_27523.html

Photo Gallery

中央・城北ブロック研修会の様子
中央・城北ブロック研修会の様子
「身体障がい者相談員について」県障がい者支援課 杉本美紀主事
「身体障がい者相談員について」県障がい者支援課 杉本美紀主事
「熊本県条例および解消法について」県障がい者支援課 太田竜参事                                    
「熊本県条例および解消法について」県障がい者支援課 太田竜参事                                    
「熊本県条例に寄せられた相談事例について」県障がい者支援課 広田本子広域専門相談員
「熊本県条例に寄せられた相談事例について」県障がい者支援課 広田本子広域専門相談員
熊本県身体障がい者相談員協議会 黒田章副会長
熊本県身体障がい者相談員協議会 黒田章副会長