1. トップページ
  2. 平成29年度 第48回九州身体障害者福祉大会 第25回九州ブロック身体障害者相談員研修会 沖縄大会
  1. トップページ
  2. 活動アルバム
  3. 平成29年度 第48回九州身体障害者福祉大会 第25回九州ブロック身体障害者相談員研修会 沖縄大会
  1. トップページ
  2. 活動アルバム
  3. 研修事業アルバム
  4. 平成29年度 第48回九州身体障害者福祉大会 第25回九州ブロック身体障害者相談員研修会 沖縄大会

平成29年度 第48回九州身体障害者福祉大会 第25回九州ブロック身体障害者相談員研修会 沖縄大会

■開催日 平成29年11月30日(木)・12月1日(金)
■会 場 パシフィックホテル沖縄(沖縄県那覇市)
■主 催 九州身体障害者団体連絡協議会
     社会福祉法人日本身体障害者団体連合会
■主 管 社会福祉法人沖縄県身体障害者福祉協会
     沖縄県身体障害者相談員連絡協議会
大会の様子
大会の様子

九州各県政令指定都市から約800名、熊本県からは44名が参加し、11月30日(木)、12月1日(金)の二日間にわたり、パシフィックホテル沖縄において開催されました。

30日はまず、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局企画官五百旗頭千奈美(いおきべ ちなみ)氏から「ユニバーサルデザイン2020行動計画」と題した行政説明があり、その後、第1研究部会、第2研究部会が従来の福祉大会の研究部会として、第3研究部会が相談員研修会として開催されました。

第1研究部会は、「防災計画と組織強化について」をテーマとして、熊本県、大分県、福岡県から主論発表が行われました。

第2研究部会は、「障害者差別解消法の推進と合理的配慮」をテーマとして、宮崎県、長崎県、沖縄県から主論発表がありました。

第3研究部会では、「障害者相談員の資質と制度の必要性」をテーマに、北九州市、鹿児島県、佐賀県、福岡市の相談員から事例発表がありました。

第1研究部会では、当初馬場副会長が熊本県代表として主論発表をする予定でしたが、大会直前に体調の都合で参加出来なくなったため、急遽竹田常務理事が代理で発表をしました。一昨年の熊本地震や今年7月の九州北部豪雨、今後日本のどこでおこるか分からない大規模災害時における障がい当事者団体の役割の重要性、また今後どのように地域の防災計画に当事者団体としてかかわっていかなければならないかを中心に討議が行われました。

12月1日の福祉大会第一部の式典では、特別表彰と組織活動功労表彰の表彰状授与があり、熊本県からも2名の方が受賞されました。

特別表彰
上天草市身体障害者福祉協会 副会長
熊本県身体障害者福祉団体連合会 理事
岩原 武已 氏

組織活動功労表彰
宇城市身体障害者福祉協議会 会長
熊本県身体障害者福祉団体連合会 理事
柿本 勝成 氏

第二部は、「安心と安全は、すべての人に平等に 逃げるバリアフリー」〜観光バリアフリー沖縄から考える「ユニバーサルデザイン2020行動計画」〜と題し、NPO法人バリアフリーネットワーク会議理事長親川修氏の講演がありました。

第三部の議事では、前日行われた研究部会報告があり、大会宣言採択および大会議決採択があり、無事決議が採択され閉幕しました。

来年度(平成30年度)の大会は、福岡市で開催されます。

Photo Gallery

行政説明 五百旗頭千奈美氏
行政説明 五百旗頭千奈美氏
第1研究部会パネラー 竹田勉常務理事
第1研究部会パネラー 竹田勉常務理事
【特別表彰】岩原武已氏        
【特別表彰】岩原武已氏        
【組織活動功労表彰】柿本勝成氏
【組織活動功労表彰】柿本勝成氏
講演 NPO法人バリアフリーネットワーク会議親川 修氏
講演 NPO法人バリアフリーネットワーク会議親川 修氏